FC2ブログ





美味しいもの楽しいことお気に入りのものを記録していこうと思います♪



プロフィール

のんな

Author:のんな
子育てが一段落と思いきや
娘がママに♪
おしゃれに美容に健康に更に力が入り
老化と闘う今日この頃です♪
おばあちゃんなんて呼ばせない♪



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



八重垣神社♪島根
出雲大社の後~~

出雲のもうひとつの縁結びの神さまが祀られている
八重垣神社に行きました





20141022172233eee.jpg

八重垣神社~HPより~

島根県松江市佐草町にあり、出雲風土記にも記載のある全国有数の由緒正しき大社造りの荘厳な本殿を持ちます。近在の出雲神話の古社です。意宇六社(神魂神社、熊野神社、揖夜神社、真名井神社、八重垣神社、六所神社)の一つに数えられています.
八重垣神社は、古事記の中でもひときわ清々しい輝きを放つ、ヤマタノオロチ退治伝承の主人公である、スサノオノミコト(素盞鳴尊)とクシナダヒメ(奇稲田姫)を主祭神としています。

国津神であったオオヤマツミ(大山津見神)の子供で、一帯の祭事を任されていたアシナヅチ(足名椎命)、テナヅチ(手名椎命)には、8人の姫がいましたが、山や田畑を根こそぎ荒らして暴れる大蛇ヤマタノオロチの怒りを静めるために、毎年一人ずつ生贄として捧げ、とうとう八年目、最後の姫を生贄に捧げることとなり、悲嘆にくれていました。高天原を終われて出雲の地を彷徨っていたスサノオノミコトは、絶世の美女であるクシナダヒメが、ヤマタノオロチの生贄として殺されることを知ると、クシナダヒメを助けるために、ヤマタノオロチ退治を決意します。そして、クシナダヒメの両親であるアシナヅチ(足名椎命)、テナヅチ(手名椎命)に対して、ヤマタノオロチを退治したあかつきには、クシナダヒメを妻として迎え入れることをお願いしました。

約束どおりヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトは、晴れてクシナダヒメと結ばれ、この八重垣の里で幸せに満ちた結婚生活を送ることとなりました。両親の元から娘を奪ってくる強引な略奪結婚が一般的だった当時、正式に両親に結婚のお願いをし、縁結びを成就するというのは、全く考えられない行動でした。このスサノオノミコトの相手側の両親を敬った礼節正しい行為は、それから後、現代にも続く日本の婚姻の姿を形作ることとなったため、以後、八重垣の里は縁結びの聖地として、信仰を集めるようになりました。

現在の八重垣神社は、その八重垣の聖地に、スサノオノミコトとクシナダヒメを祭る形で神代の時代に建立されました。夫婦和合と縁結びの象徴として神代の時代から信仰の対象として栄えてきたのには、こうした古事が反映されているというわけです

201410221722318f0.jpg




境内には椿の木が多く
地面から出ている2本の木が1本になっている
神秘的な夫婦椿がありましたよん


20141022172230f45.jpg






さてさて占いをしに
鏡の池へ~~~~


2014102217223411b.jpg

本殿奥の森にある小さな池で
大蛇退治の時に身を隠した姫が姿見に使ったとされる池です~

十円玉か百円玉を占い用の和紙にのせて浮かべます


早く沈んだほうが早く縁があり
遠くに行くほど遠くの人と縁があるそうです


20141022172236599.jpg


ためしにわたしもやってみたら~~~~


どういうことかわからんけど
その場ですぐに沈みました



百円玉やったしかな~~





参拝終わって
神社のとなりのカフェでおやつタイムしました~


お喉がカラカラになったので
アイスコーヒーとカステラセット

20141022172516b42.jpg


このアイスコーヒー
縁結びアイスコーヒーなんやって~~~~~


201410221725138e8.jpg




切れかけパワーも補給されて~~~

今夜のお泊りの宍道湖温泉へ~~~~~





にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック